2019年2月 5日 (火)

2019年です

今年は、いつもより早めに新年のご挨拶ができました(笑)。

 

いきなり冗談はともかく、相も変わらずマイペースすぎる当サークルの活動は、おそらく今年は何もないと思われます。

 

昨年、唯一の参加イベントに出られなくなった際、お問い合わせを頂きました。それぞれ事情は説明致しましたが、改めて、ご心配恐縮です。こういう時に連絡を頂けると本当にこちらも嬉しいです

 

イベント参加は、あるとしたら、来年以降かと……。

これも、知る人ぞ知る事情ですが、ここでは割愛します。

興味のあるイベントへの一般参加はしたいと思っているんですけどね。

今後も気長によろしくお願い申し上げますm(_ _)m

2018年11月 4日 (日)

もう一頂!

Img_88881去る8月に福岡でちょこっと文芸のイベントがありました

理由あって、当サークルは不参加となりましたが、主催者様から、参加証兼しおりとバッジを頂きました。かなりおしゃれですね。デザインはもちろん、色づかいも好みです、使うのが勿体ない(笑)。

二つあるので、参加できなかったのを逆手に、保存用と普段使いと分けたいと思います

下部分が切り離せるようになっているから、これが通行証となるのでしょうが、このまま使い続ける(笑)。

 

福岡と言えば、プロ野球のホークスが日本一になりましたね。おめでとうございます

先月、ちょこっと文芸に行けなかった分の交通手段を延期した分を用いて(変な日本語)、福岡へ行ってきました。色んな兼ね合いがあったので、サクッと行って、友人とお酒を交わしただけですが、イベントが絡まない福岡旅行って、相当久し振りじゃなかろうかってくらい記憶になかったです。

それも運よく、クライマックスシリーズで、ホークスの日本シリーズ進出が決まった直後だったので、友人含め、街はお祭りムードでした。個人的にもパリーグではホークスが好きなので、テンション最高潮でした

この週末はきっと福岡は賑わってるんだろうなあ。やっぱり、福岡は好きな街です。いつでも第二の故郷(笑)。

ただ、今回の旅行で一番驚いたのは……。

Img_8350帰りに飛行機を利用したのですが、まさかの空港内に、とんこつラーメンの一蘭!

中を覗くと、もちろん、ちゃんと仕切りがある。しかもこれ、保安検査場を抜けた先(爆)。

まさかここでこれかい!と意表を突かれました

2018年8月26日 (日)

サークル欠席します

当日になってしまいましたが、本日参加予定のイベント、諸事情がありまして欠席させて頂きます。

申し訳ありません

今年唯一の参加イベントになると思ったので、どうしても出たかったんですけどね。

物理的には可能だけど、常識的にはまずい、とだけ述べさせて頂きます(それで察して頂ければ……いや無理か)。

 

そうでなくてもSNSやらない、現役で長編書いていないで、この業界から退いた感強いのに。きっと、この記事からしばらく更新しない気がするし

それはともかく、ちょこっと文芸、楽しいイベントになりそうなので、お近くの方は行ってみて下さいね

2018年7月20日 (金)

今年初めての挨拶↓

暑中見舞い申し上げます

まあ、そうなりますわな

 

当サークルは、ゆる~くまったりすぎるほどまったり活動しています。

以前はハイペースで長編小説を書いていたのですが、今はそれを売ったりオプション的に短編小説を作って配布したりがメインとなっています。

ちなみに、SNSの類いは一切やっておりません。

正確に言うと、それを媒体とした活動は行っていない、ってところです。

 

書きたいから書いて、本にしたいから、した。それだけのサークルで、自己表現(自己満足)の域としてはそれで充分だったりします。

ですので、ごくまれにイベントに出る程度ですが、その際はスペースにお立ち寄り頂けると嬉しいです

 

そんな気まぐれサークルなので、九州出身でも九州在住でもないのに、昨年は九州のイベントにのみ4本参加しました。

そして今年は正直イベントはいいかな……的なモードだったのですが、縁あって、参加しようと思います。

 

8月26日(日) ちょこっと文芸福岡

場所は、イオンショッパーズ福岡 6 階会議室A(旧:天神ダイエーショッパーズ)で、時間は12時から16時です。

スペースNo.は、B2ですが、とても小規模なイベントなので、ゆっくり回っても全部見られるかな、と思われます。

その他、色々な企画もの満載で、凝縮された内容なので、物を見る人にも作る人にも楽しめるのではないかと期待しています

とにもかくにも、おそらく今年最初で最後のサークル参加になると思われるので、限定本でも作って行こうかと画策しています

2017年11月16日 (木)

COMIC CITY 熊本1

2017年最後のイベント参加でした。直後にレポートできないのは、いつもの諸事情ということで(モノグサではない……はず)。

 

いつものように、箇条書きから

 

・シティ且つスペース早期満了とのことで、ごった返した先入観でいたが、会場・スペースの空間・人の入りなどちょうど良い。混みすぎず空きすぎず、居心地は(個人的には)ベスト

 

・会場は、空港からバスで10分程度。駐車場の敷地は十分。周囲は何もないが、その分、走りやすい道路だったように感じる

 

・会場内はトイレも飲食物販売もそろっている。いきなり団子もちゃんとある。美味

 

・じゃんけん大会は、トラベラーズ(現・みちのくコミティア)のビンゴゲームを彷彿させるコーナーだった。人数が少なくなるまで勝ち残り(2回だけど・笑)、呼び出された途端に負けるのもセオリー内。2回も勝てただけ奇跡か

 

・皮肉にも、じゃんけん大会が終わったらイベントそのものも終わる雰囲気になるところまでトラベラーズに似ていた。後者はラスト1時間からスタートだからいいが、今回のはラスト2時間前(イベント折り返し時間)だったので、もったいない気がした。

 

とかぶるが、最後は向かいの列のサークルが見事に捌けていた。カタログ見たけど、なんのジャンルか分からず。流行りもので、ライト感覚の参加者が多かったのかな。

 

・最初と最後の拍手は、イベントの一体感があってやっぱりいい。特に最後は、人数が少ないのに、最初と大差ない大きさだった印象(あくまで)。

 

まずは、そんなところで

オールジャンルのイベントは、一昨年のコミケットスペシャル以来、約2年半振りなので、アウェー感あるかなあ、と若干心配だったけれど、目を向ける方もまあまあ多かった印象なので、それだけでも収穫は十分でした。

 

お買い上げ下さった方ならびに立ち寄って下さった方、ありがとうございます

 

今回は珍しく、スペースが端ではなく、両隣に他サークルがいらしゃいました。なにげに、今年最初で最後(笑)。

右隣は、鉄道ジャンルの方。申し込んだジャンルが今回は一緒だったため、隣の配置になったみたいです。駅の自動改札や精算機のフィギュアがディスプレイされており、カッコ良かったです。改札の開閉もできるし、ライトもつく。

ICカードをタッチする場所は、さすがにスイカとかイコカとか、具体名は書いていなかった(笑)。

UFOキャッチャーでゲット可能なのがまたすごい。しばらく見入ってしまいました。

 

それだけではなく、予想外のサプライズも。

Img_0207_4←こちらは、お隣のサークルブース。うちのサークル名が!
事前に調べて下さっていたんですね。こういうの、すごく嬉しいです。

鉄道ジャンルならではの工夫がさすがですね。うちは、シンプルイズベストとか詠っているけど、何もしていないだけだからなあ
ありがとうございます!

 

左隣は、堕天王さん。年2回、サークルでお隣になるのは、いつぶりだろうか。
前々回の九州コミティアでお隣になったのは、偶然ではなく必然だと今回明らかになり、それはそれでありがたいです。基本人見知りなので(笑)。

両隣のサークルさんに恵まれたので、楽しい時間を過ごすことができました

 

そして改めて感じたのは、やっぱりシトロンシーズン作らないとダメかな? ということ。

当サークルに来て下さった、物書きをされる方と、(自分で書いた小説の)黒歴史が増えていく話で盛り上がったのですが、基本当サークルはそれがほとんどないので(進歩がないから黒歴史と気付かないと思いたくない・苦笑)、もちろんシトロンシーズンも、売れるかは別として、スペースに置いて立ち寄られた方に紹介できるようにはしたいな、と思ったので。

 

話が逸れるけど、当サークルで過去に出して、完売したためもう出していない作品は一つあって(ここでも度々話す、『生徒会長』という、双子の中学生の淡い初恋もの)、強いて言えばそれが該当するけれど、隠したい過去でもなく、当時表現したものと、今見てもらいたいものが若干違うため、再販する気にならない、という意味合いが強いです。

これもここでよく言っていますけどね(笑)。

 

けど、よく考えたら、そんなに表現したいものってそんなに変わるかなと思い、そこまで『生徒会長』が、今見せたくないものなのかな、と理由を考えてみたら、あっさりでてきました。

受け売りが多かったってこと。

創作は、多かれ少なかれ、他での影響を受けて作られているとは思うけど、『生徒会長』は、当時はまっていたものにどっぷりと染まっており、今出すのは恥ずかしい思いが先行しているからだと。

 

……やっぱり、これを黒歴史というんだろ?(爆)

 

ちなみに、『生徒会長』のオマージュ的作品が、最新作の玄米玄明になります。

 

 

とにもかくにも、楽しいイベントでしたが、このシティ熊本、次回はあるのだろうか?

人の入りは良かったと思うし、需要はありそうだけど、次回の告知もなかったのが気になるところ。まあ、初期のシティ福岡も、次回未定とかよくありましたしね。

 

そして、冒頭でもお伝えした通り、今年のイベント参加は終了です。コミケに出なくなって久しいので、年末にかけての虚脱感は全くないです(笑)。

結局、今年はオール九州イベントでした。ポエイチ、コミティア、文学フリマ、シティ。

こんな年は、二度とないでしょうね(笑)。

 

来年は、何か本は出したいです。再販か改訂か。あるいは短編集とか。

それと、イベントは今年同様、神出鬼没でフラッと気の向くままに参加を続けていけたらと思っています。

まあ、いい年なので、これまで以上にマイペースなのは確かですが

2017年10月25日 (水)

第三回文学フリマ福岡

行ってきました。今さらですが。

もう半月以上経ってたんですね

いろんな出来事が重なって、ゆっくり振り返る時間がとれなかったです

本当は、昨日アップする予定だったのに、またもやトラブルが発生して、やっと今日落ち着けるかなといった近況です。

 

まずは、イベントの感想を箇条書き

 

・スペースは、入り口入って目の前。完全にフロント。罰ゲームか?(なぜそう受けとる)

 

・イベント会場の雰囲気は、秋葉原時代に開催した東京での文学フリマに近い印象。手狭だけど適度な距離間で、買い手側も見やすいかと。

 

・見本誌を出す時に、何を誤ったのか、一冊だけ福岡ポエイチのラベルがついたものを出してしまう。スタッフに速攻で「敵だ」と突っ込まれる(もちろん冗談声で)。

 

・カタログは、やっぱり面白い。文章メインなので、読んでるだけでサークルの概要や作り手の心情を垣間見た気になるので、ある意味、それで満足できる。

 

・会場までエレベーターしか手段がないのは若干面倒だけど、建物の下及び入口にスタッフが点在しているから迷うことはないし、一度上まで上がれば、フロアにトイレも自販機もあるので、不便は感じない。

 

・途中、文学フリマの各地域主催者からの挨拶があったが、これも入口で行われた(=当サークルの目の前)だったので、居心地悪かった(どうでもいい情報)。

 

……くらいでしょうか

一言でいうと、『良くも悪くも文学フリマ』でした。文学フリマ自体は東京や大阪で何度も参加していたので、その一言が自分の中で一番しっくりくる。良いところも良くないところもいっぱいあるイベントなので。

 

終わって時間が経っているから言ってしまいますが、今回は、イベント後の私用のほうが自分にとって大きな目的だったので、頭がそっちに回っていたのと、カタログを読んでいたので、開催後からのスペース回りや、まともな接客はほぼしていません

 

そんな中、お買い上げ下さった方ならびに立ち寄って下さった方、ありがとうございます

 

前回でシトロンシーズンが完売になってしまったのですが、今回のイベントでもシトロンシーズンをお求めになる方がいらしたので、申し訳なく思っています。やっぱり増刷しようかな。けど、イベントの参加頻度もかなり減っているしな……と、前回に続いて葛藤中。

さすがに、勢いで出すには、色々、ね(苦笑)。

 

また、福岡ポエイチで知り合ったサークルさんから本を頂いて、無料なのに読み応えある情報だったので、そちらもじっくり読んでいたりしたら、14時になったので、前回の記事で告知した通り、会場を後にしで、別の目的に時間を費やしました。

なんとなく、退出してから閉会までの2時間も、見て下さる方がたくさんいそうな予感はしたので若干もったいないかな……とも過ぎったのですが、今出ないとタイミングを逃してしまう気もしたので(そもそも、物理的に間に合わない)、サクッと出ました、会場入って目の前のサークルが空になるのは、これまた若干ためらったんですけどね。仕方ないと割り切りました。すみませんm(_ _)m

 

イベントの感想は以上です。

最近イベントの感想記事が長いのは、チラシを作っていないので、感想を述べる場がない(チラシを作らない理由はなし。ただの気まぐれです)のと、今年は別として、大抵はイベント会場(及び参加地域)が毎回違うので、たとえば、東北で参加してるイベントで配布しているチラシの中身が、前回九州で参加したイベントについてだと、やっぱり読まれる側としても微妙なのかな、とかいろいろ思った結果です。

今は無料配布本もあるので、それをご挨拶代わりにお渡ししております

 

そんなわけですが、次回のイベントも実は、約半月後に迫っています。

非常に珍しく、コンスタントにショートスパンです(笑)。

まあ、これが今年参加するラストイベントでもありますが。

 

11月12日(日) COMIC CITY熊本1(グランメッセ熊本 展示ホールC)で、スペースNo.は、B62aです。これで今年参加イベントはオール九州となりそうです。

 

シティの参加も久し振りです。最後にヤフオクドームで参加した時から、ほぼ4年振り。

もちろん、熊本でのイベントは初。

ただ、今年は諸事情で何度も熊本へ行っているので、会場を地図で調べると、「あー、あの辺ね」と分かってしまう自分に驚いています(笑)。

2017年9月20日 (水)

九州COMITIA1

に、参加してきました

いろんな意味で、想像通りのイベントでした。以下箇条書き

 

・ホール、配置、人の流れは、OMMでの関西コミティアに一番近い印象。

規模としては、みちのくCOMITIAがさらに活気づけば似たところに入るかも。

 

・スタッフの挨拶は、時間や人によるムラが少なくて、全体的には好印象。

 

・慌ただしく大変なのは百も承知で言わせてもらうなら、見本誌の回収が遅い。本部での受付だけでも始めればまだしも、そのアナウンスも「本部の準備が整いましたら受付を開始します」的だったのが若干引っかかりました。

 

そんな感じなので、先にスペース準備をしていると(恒例の端席)、お隣は、約2年振りの堕天王さん。過去に九州をはじめ、大阪神戸東京とご一緒する機会が多かったので、2年振りというのは、空きすぎの感が強かったです

お話ししていたら、ほぼ終了時間だし、知り合いサークルは回れていないし、カタログも読み切れていないし……って、いつのそうさく畑ファイナルだ?

そんなダメな売り子をしている中でも、お買い上げ下さった方ならびにお越し下さった方、ありがとうございます

 

今回で、シトロンシーズンが売り切れとなりました。重版するかは検討中です。

 

前回の記事では、イベントに出る理由としては、かなりルーズなことを挙げたのに、スペースに置くものは、今現在自分が表現したいものだけというこだわりはあるので、少なくともいま、あるほんに載せている9作品はすべて出したいため、一つでも欠けるのが嫌というわがままな奴で。だからいつまでも在庫が減らないのもあるし、どこかで区切りを……とも思っているんですけど、とにかく葛藤中です。

 

シトロンシーズンは、当サークルの作品で、最も明るめの話で、抵抗が少なめと思っているので、手に取りやすいイメージなだけに、やっぱり置いておきたいし、私自身が何年も頭でイメージしていたのもあるので、思い入れも強いから……なんて、グルグルめぐり(なら、さっさと在庫チェックしておけよと

 

ちなみに、我が愛は尽きぬも、在庫が少なくなっております。こちらはすでに重版しているので、さすがに……と思いつつ、これはこれで思い入れがあ(以下略)

これは、シトロンシーズンとは正反対の、救いを探すのが大変なくらい、暗い話です。ある意味、最近はこれらみたいなテーマ且つテイストが明確なもののほうが、手に取って頂ける傾向にあるようです(当サークル比)。

 

とりあえず、イベントの空気そのものは、良かったほうだと思いました

前回でも言った通り、次回以降の九州コミティアはサークル参加しませんが、イベントの発展は願っておりますm(_ _)m

 

当サークルの次回参加するイベントは、10月8日(日)第三回文学フリマ福岡(天神ビル 11階10号会議室)で、スペースNo.は、い-1となります。

イベントの間隔が一ヶ月ないってすごく久し振りだ。いの一番

 

そろそろお気づきの方もいるかも知れませんが、今年参加しているイベントは、すべて九州です。一応理由がありまして、その話を堕天王さんにしていたら、自分の話が止まらなくなっていました(笑)。その話は、ここよりも、チラシや無料配布本になると思います。

 

そして、この福岡での文学フリマは、やはり一度きりの参加にしたいと思います。ついでに、これまた諸事情で、おそらく最後までいないと思われますので、ご了承下さい 

2017年8月24日 (木)

残暑お見舞い申し上げます

挨拶、これで()合ってますかね?

まあ、5月に明けましておめでとうとか言っちゃうよりはマシか

 

さて、更新の頻度がすっかり落ち着きすぎているけど、今の自分にはこれで十分かと思いつつ、次回イベント参加予定のお知らせです。

 

9月18日(月・祝)九州COMITIA1(西日本総合展示場AIM)で、スペースNo.は、J19です。

 

 

やっとコミティアが九州にも訪れましたね♪

個人的にも、関東、関西、みちのく、北海道と参加させて頂きましたが、ナンバリングの通り、もちろん九州は初。それと先に言います。一回しか出ません(次回以降はサークルでは不参加です)。様子見の理由が大きいのと、このまま毎回参加するモチベーションは多分ないかな……と。なので、今回のみと割り切って、楽しめればと思っています

2017年6月17日 (土)

第6回福岡ポエイチ

気付けば、イベント終了から1週間たつんですね。本当に早いです。

 

福岡ポエイチ、サークル参加してきました

新刊は一応あったのですが、謙遜抜きにしても、出来のいい仕上がりではなかったので(いつか文庫本として改訂版を出したい)、ほとんど大っぴらに宣伝はしませんでした。そのため、ラインナップはほぼ毎年同じなので、売るよりも、イベントの空気を感じる目的で参加に臨みました。

以下、ダラダラ書いてもなんなので、箇条書きに感想を

 

・冷泉荘はまったく変わらず。この空間、居心地よくて好き。

・自スペース側の列は、必ず片側の隣が隙間になっているので、出入りが自由(向かいは若干窮屈に見えたけど)

・お隣は、顔なじみの方。打ち上げ含め、ほぼ終始ご一緒させて頂く。

・冷泉荘の入口外で販売しているおにぎりは2種類のみだが、どちらも季節感いっぱいの色合いと食材で、見ていて楽しくなる。

・隣のベーグルショップでは、ベーグルと中に挟むものを自分でチョイスできて、ほぼ毎回必ず昼時に行くのだが、今回、個人的に一番のヒットだった(笑)。

・買い手の方は、良くも悪くも厳選してきた印象。特に、トークショー時にあれだけ溢れ返っていた人たちは、終わると同時にいなくなるという。年々その傾向はあったけど。そんな中、当サークルにお越しいただいた方ならびにお買い上げ下さった方、ありがとうございます

・短歌を作る企画に一応参加。しかし、難しい!表現は間接的に、がまた難しく、他の方のを見ていても、正直ピンとこない……ここのセンス、自分にはゼロだと自覚。ただ、ポエイチだから、こういった短歌や詩などがよりメインになっているんだなとも感じる。いくつかのサークルさんの本を拝見したり、打ち上げでもお話を聞かせて頂いたが、短歌は皆さん詳しい。

 

ざっとこんなところです。短歌どころか、短編小説すらない当サークルとしての参加としては、そろそろ潮時かも、なんて過ぎってしまいました。イベント自体はとても好きなので、一般参加でもしてみたい気持ちはあるんですけどね。サークル参加は今回か、出ても次回でラストかな。

 

改めて気付いたのですが、ここ数年のサークル活動の目的は、「イベントに出たいから新刊を作る」とか「新刊を作ったからイベントに出る」とか本来の王道ではなく、「イベントの様子を知りたくて、せっかく本もあるからサークル参加する」要素が占めていることに気付きました(笑)。

北海道コミティアや大阪文学フリマも、初回2回目と連続参加して、共に好印象のイベントだったので、継続参加しようかな、と思っていたものの、第3回で外せない用事のため不参加になったら、それ以降は、もう本来の目的も果たせたし、いいかななんて思って満足してしまったのを思い出しました

だから、今後のサークル参加傾向がより変わるかも知れないかも。単純に数が減るだけの可能性もありますし(笑)。今まで行っていたコミケ、コミックシティ福岡、そしてそうさく畑の三つは今でももちろん好きなイベントだけど、上二つは現存するイベントなので、出たいかと言われたら、もう十分って思いますしね。そうか、そうなのかと

 

まあその辺の話が、昨年ここで少しだけ触れた、「2017年は、少しだけ参加するイベントを変えてみたい」に繋がるのですが、また次回出るイベントが決まりましたら、こちらで報告いたしますm(_ _)m

2017年5月 3日 (水)

ゴールデンウイーク中の挨拶ではありませんが

あけましておめでとうございます。

本年も、当サークルをよろしくお願いいたします。

 

一応、このブログを更新するのは今年初めてなので(笑)。

 

忙しいとかそういう理由ではありません。単に、記事を上げるほどのサークル活動をしていたわけじゃないのと、前回の記事をトップにとどめておきたかったのが大きかったからです。

それでもいい加減、半年経つ上に、当サークルはSNSの類を一切行っていないため、生存確認くらいできるように、そろそろ重い腰を上げた次第です(ならなぜ活動してる

 

さて、本題といきます

 

今年初めてのイベントに参加します

恒例となりました、二日間開催の、第6回福岡ポエイチ(リノベーションミュージアム冷泉荘)です。

 

昨年が先着順で、即スペースが埋まった影響なのかは存じませんが、今年は抽選だったので、さすがにそろそろきついかな……と思っていただけに、無事スペースが取れて嬉しいです。唯一無二といって良い参加イベントなので。

 

当サークルは、2日目(6月11日(日))のみの参加で、スペースNo.はC-6です。

毎度おなじみの決まり文句ですが、スペースナンバーは確認せずとも、会場に入れば確実に見つけられます(笑)。当サークルというより、すべてのサークル様をじっくりご覧になってみることをお薦めします

 

もう一つ。

前回のイベントからだいぶ間が空いてしまったので、一応告知として。新刊出ています。

なんか、こんな終わり方どうなの?って〆方をした本ですが(爆)

«多分、今までで一番長いイベントレポート……って、タイトルまで長くなってるし

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28