« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月25日 (水)

これが最後

新作を書く時、いつも「これが最後」と思っていることに気付いた。

特別意識しているわけでもなく、でも振り返ってみると、どの作品を書く時もそんなことを思っている自分がいることを知ったというか。

前回紹介した「生徒会長」という長編小説より前にも、遊びでちょこちょこ書いていたものがある。とても同人誌として置ける代物ではないのだがsweat01それでも特に初めの頃は、これが完成したら死んでもいいとまで半ば本気で思っていたのだから、痛さ全開だったのだろうcoldsweats02

まあ、基本ほとんど変わっていないのですけどね(笑)

当時の自分に向けて、声を大にして心の底から言いたい。

死ななくて良かったねimpact

 

ただ、なぜいつも「これが最後」と思うのか、ちょっと考えてみた。きっと、今ある自分の中のものを放出させる勢いだからなのだろう。全魔力を解き放つみたいなimpact

その割には相も変わらず拙い文章を露呈しているだけだろ、って突っ込みはなしでdash

いつも「日常」のカテゴリーだけは変えず、それ以外は似た傾向にならないよう画策しながら別の物を追い求めていたつもりなのに、まるで同人活動をやめようかやめないでいようかを楽しんでいる風にすら思えてきた。かなり他人事だけど(笑)

とか言いながら、今、新たな発見に気付いたdanger

①思いついた物を書いてみたい

②新しい物に挑戦してみたい

③昔から温めてきたものをそろそろ書いてみたい

これらの気持ちが作品によって当てはまるものが微妙に違い、それも①~③がくり返されていることに。

①の気持ちが強いNever Wantぼくらのゆりかご

②の気持ちが強い我が愛は尽きぬEver Friend

③の気持ちが強いマイルストーンズシトロンシーズン

これらすべてを書いた順番に表記すると・・・、

2000 Never Want(①)

2001 我が愛は尽きぬ(②)

2003 マイルストーンズ(③)

2004 ぼくらのゆりかご(①)

2005 Ever Friend(②)

2007 シトロンシーズン(③)

そして今書いている「雪白書」も、思いついたものを書いてみたい(①)気持ちが大きい。

なるほど・・・結論。

歴史はくりかえす。

いつもより輪をかけてとりとめのない文章なので、このまま逃げますdashsweat01

2009年3月16日 (月)

よもや呪いかただのジンクスか

新作の定期配布一次受付は〆切りましたhappy01

第1話(全10話予定)の郵送は、4月10日前後予定です。よろしくお願いしますnote

そして、2009年度初のイベント参加は前の記事で述べた通り、そうさく畑63で、スペースNo.は、12丁目40番地です。

・・・・・・。

この「40番地」ってキリの良い数字にいやな予感がして、配置図で確認すると・・・、

またはじっこだcrying

またかよ・・・そろそろグチるぞ(苦笑)

単純に考えると、端にならない確率のほうが圧倒的に高いはずなのに、なぜいつもdown

いや、ね・・・・・・1回や2回や3回のことならそんなに言わないけど、他のイベントも含めて、端の率が異様に高い気がするんですよね・・・。

とは言え、端でデメリットがあるかと言えば、そうでもないのですがcoldsweats01

ただあまりに確率が高いのと、絡める隣のサークルさんが片側だけ(スペースにいる間とかは)なので、少しだけ交流が限定された気分になってしまう。

そんなことで文句垂れるなって突っ込まれそうですがcoldsweats02

 

まあ、文句言わずいかなきゃね(なんだこの切り返し)。

 

話題はガラッと変わって、今回のチラシは久々の読み手の方とのフリートーク系になります。

一足早く新作の第1話を読んで下さった知人との会話を中心に、旧作の話題も触れておりますので、そちらのチラシを参考に、本をお手にとってもらえると光栄ですnote

よろしくお願いしますhappy02

2009年3月10日 (火)

まもなく〆切ります

前回告知した新刊ですが、期日をはっきり言っていなかった気がします(苦笑)。

希望される方の申し出が落ち着いてきたので、今月15日くらいをメドに一旦〆切りたいと思います(受付は当分継続しますが、一斉に印刷するため)。

読んでやる、という方はそれまでにご一報下さいhappy01

2009年3月 1日 (日)

2009年新作

まずは、以前の告知通り今年の新作を定期配布していきます。もちろん希望者限定ですが。

『雪白書』

男と女の哀しき恋愛の行方・・・。

典型的な恋愛小説です。ええ、あまりにシンプルなくらいcoldsweats01

むしろ、今まで何かしらの枷や特徴があったから、今回はその辺をあえて失くして書いてみる予定です。

過去に『生徒会長』という中学生四人の初恋モノを書いたことがありますが(現在は置いてありません)、それが原点といって良いくらいシンプルだったけれど、さらにシンプルにいきます。

ここまでしつこく言うと、テーマが「シンプル」みたいだけど(笑)、荒野に一人取り残されたような、なんともやりきれない物語にしていくつもりです・・・はい、暗い作品になるでしょうsweat02

4月から隔週で封書にて郵送予定です。もちろん手数料込で無料です。10回に分けてお届けします。

今回は作品の性質上といいますか、プロローグを設けない手法でいきますので、お試し版はございませんが、それでも希望される方はメールにてご連絡下さいnote

元気を与える作品ではなく、元気を奪い取る作品になればいいと思っていますcoldsweats02

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30