« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月24日 (金)

まずは楽しむ

予定では「雪白書」のオフセ本発行が10月。

さて、これに間に合うか(笑)。

今のペースだと、かなりギリ?coldsweats01

はじめは「間に合うかな、どうしようかな」とただ焦りだけが出ていたのですが、まあ書けない時もあるんだからどうしようもないだろう、と気楽に考えられるようになると、かなり何とかなるかも、なんて楽観者だったりするわけで、それも含めてリアルタイムで物書きを楽しんでいます。

 

さて、今回はイベントの話。

今年度は月1ペースを目標にサークル参加しています。

参加しない月は、その前後いずれかに月2回参加する予定です。このペースで4月からとりあえず年末まで続く見込みですが、今のところ、兵庫→福岡→新潟→福島と回っており、次回の参加イベントは、夏コミなので、東京となります。

東京でのイベント参加は、昨年の冬コミ以来。約8ヶ月ぶり。もうそんなになるのか・・・。一応日程を。

8月16日(日)コミックマーケット76(3日め)

東ホール・パ39aですhappy01

毎度マイペースなサークルなので、コミケ合わせの新刊はありませんが、コミケ初持参の本は、シトロンシーズンの改訂文庫本と、「雪白書・序章」(無料配布本)です。

よろしくお願いしますnote

2009年7月22日 (水)

スイーツのチカラ

え~・・・大変申し訳ありません。ようやく「雪白書」第6話を本日発送しました。問い合わせてくれた方、本当に遅くなって失礼しました。

それと、今月中に第7話が送れたら・・・いいなあ・・・なんてsweat02

なんだか我が愛は尽きぬの初期を思い出します。第1~2話ができるまで異様に時間がかかってしまったことを。

いやはや、原稿ってホントある意味ナマモノですよねcoldsweats01

今回の第6話が遅れたのには理由がありまして(以下、言い訳タイム)、途中までは書いていたのですが、そこで会った友人たちとの会話で、今回書き終えたシーンとほぼ全く同じ話で盛り上がっていたのだ。

たとえば、りんごを食べた女の子が入院してしまったが、男友達がやってきて、キスしたら具合が良くなって退院して付き合った、なんて話を書いたとしよう。その直後に友人たちとゴハンしている途中で、

友人A「昨日、うちの妹がりんご食べたらお腹いたくなって、入院しちゃったんだよ」

友人B「マジで!? で、お見舞い行かなくて大丈夫なの?」

友人A「それがおかしなことに、妹の男友達が見舞いに行って、妹が寝てるスキにキスしたら、急に元気になって、今朝退院したのよ」

友人B「へー、不思議なこともあるもんだね」

友人A「それだけじゃなくて、今日そのままデートだって! 付き合い始めたらしいよ」

・・・とまあ、自分が書いたことそのままの話をしているのだ(上のはあくまで例文ね)。

しかも、この話をした当人は、「雪白書」を読んでくれている一人なので、こりゃ今第6話をそのまま書き終えて渡したら、間違いなくパクリ呼ばわりされてしまうから、どうしようかしばらく考えあぐねていたのでした。いや、あまりにタイムリーだったのでちょっとやばいかな、とcoldsweats02

というわけで、書き直すとまったく別物に仕上がりそうだし(いくらネームがあるとは言え)、そのまま出すのもどうかと、ジレンマの末、問題の場面だけ支障ない程度に差し替えてみたのでしたが、つながりに違和感あって、やっぱりどうしようかな・・・とさらに時間が過ぎる一方でした。

一応原稿に取り掛かる時間だけは半日確保したものの、果たしてこの間に完成するかどうか・・・自信までなくしかけていたところに、友人から、ゴディバのショコリキサーの写メールが届いた。

「なんだこれ!めっちゃ美味そうやん!」

私は自他共に認める甘いもの好きなので、ゴディバにこんなものがあるのかと、思わずいつも行く店(←え?)を調べたら、そこには置いていない代物だった。店を調べてみたら、そこよりもっと近所にゴディバの店があることを知り、そこならショコリキサーもあることが判明。

ようし、何がなんでも午前中に原稿を仕上げて、ショコリキサーを飲むぞ!

と決意して、早朝から書いていたら、2時間で完成impact

ショコリキサーにもありつけたのでしたlovely

友人は「二口目から幸せになる」と言っていたけど、その気持ちがなんとなく分かりました(笑)。

でもとりあえず自分・・・、できるのなら最初からやれよって感じですよねdash

2009年7月12日 (日)

7/12 創作旅行

Travellers11thにサークル参加してきました。

先にイヤなことを書いてしまおうcoldsweats02

正直、あまり気乗りしなかったんです。

創作Onlyイベントで、5~6年も前から名前は知っていたので参加したいしたいと思いながらも、いつも何らかの用事と重なって次回に延期して・・・って繰り返してきたから、今回念願の初参加sign01でワクワクするはずだったけど・・・よく見ると、小説サークルうちだけdanger

オンリーサークルなんて他にはないし・・・これって売れないってことかなsweat02

売れないだけならそんなに気にしないけど、終始チラ見すらしてくれないと、かなり凹むwobbly

何しにきたか分からないで終わってしまう・・・そんな予感プンプンだったんですよね。そんなことで・・・と思われるかも知れないけど、過去そういうイベントに何度かあったのでdown

おまけに行きの列車では、後ろのおっさんが座席ガタガタ揺らすわ、やたら前をのぞき込んできて鬱陶しいわ、その次に乗り継いだバスでは、奥の空席に座ろうとしても、手前の女の子たちが譲る素振りすら見せない・・・ついでにこの子たち、一人称を「俺」とか使っているし。アイタタタimpact

前に少しだけ触れたことあるかも知れないけど、イベントの朝、こういう常識ない系の人たちに遭遇すると、売り上げがボウズになるというジンクスがありますshock

それと、福島はほとんど未開の地。もちろん知り合いはいません。不安と苛立ちしかない状態で、オンリージャンル。

こりゃ絶対誰も見てくれねーと腹くくってました(笑)。

イベントより、帰りのバスの時間を気にしてたし・・・物理的にイベント終了の15時までいたら帰れないし、とか考えながら(どんだけsweat01

 

ただ、イベント会場に着いてから、そういった開き直りが強く、却って気が解れたかも知れません。

会場はビッグパレットふくしま。初の郡山~・・・と思いきや、ほとんど観光地っぽくないね。期待しすぎ自分。

会場は大きくて綺麗。会議室の一つを借りて催されたのですが、一歩出ると無人。静寂。中はイベントの空気(笑)。

はじめ中に入るとスタッフの方の挨拶。なんでも3人で本部と、その真逆に位置する委託販売受付&音響を行ったり来たりしながら取り仕切られていました。

綺麗な会場に、心地好いBGM。フュージョン系がたくさん流れていて、個人的にはかなりナイスセレクトgood

フリードリンクもあったので、早速利用。後からワゴンサービスもあったのが親切wink

温かいお飲み物はティーパック数種類と、お茶もあり、冷たい飲み物にはカフェオレと・・・など丁寧に説明されるスタッフさん。完全にアテンダントだ。感服shine

開場と同時に人が入ってきたので、一般参加者もいたみたいだけど、最後のほうは誰が一般か分からないほど一体化していたような。とにかく、まったりって言葉がピッタリのイベント。

このまったり感、ダメな人には本当にダメなものかも知れない。

だけど自分は、このまったり感かなり好きだ

行きの気持ちはどこへやら、誰も見てくれなくてもいいから最後までここにいたいと思ってしまった(物理的に無理なんだけど←しつこい)。

スタッフの方の細かい気配りとかがイベントの雰囲気をまったりにしてくれているのかなあ。まあ、サークル参加者の覇気のなさも多少あったりして(コラコラ)。でも、今日の感じ自分は嫌いじゃない。

イラストコンテストもあり、スペース前に原画があったので、自分も票を入れてみました。ただ、自分が一番いいと思ったイラストは圏外だった・・・sweat02

あのサークルさん、もう誰だか分からないんだろうなあ・・・ちょっと残念。

お隣さんとはほんの少しだけどお話できました。トラベラーズは初参加で、次回出るイベントは夏コミだとか。うちと一緒だ(ていうか多いのかな)。

そして肝心の本ですが、チラ見してくれる方、意外といたような。そして最初にそんな気分だったから、本も最低限しか持ってこなくて、その結果、見本誌まで売ってしまう始末に・・・すいませんでしたsweat01

けれど、お手にとってくれた方&お買い上げ下さった方、本当にありがとうございますhappy01

正直嬉しい誤算でした。でもやっぱり、スペースに目を向けてくれることから満足してしまう自分は、本当に“安い”のかも知れません・・・いいんだ、それで幸せなら(爆)。

終盤にビンゴゲームがあって、クジ運悪い自分はどうせハズレだろうな、と思いながら、次々にビンゴしてトーンやら原稿用紙やら景品をもらう方を羨ましく思い(お隣もスケッチブックGetしていました)、いよいよ最後の景品のボールペンもなくなり、ゲームもおしまいか。

と思いきや、スタッフさんの

「ここに、スケッチブック10部残ってます~!」

の声に、一挙にボルテージマックスup

で、スケブGethappy02

・・・でも、その前に当たっていた人がボールペンってちょっと申し訳なく思ってたりcoldsweats01

まあ、スタッフさんも「スケブは200円で、ボールペンは約150で」って、金額に大差ないことを強調してフォローしていたけどね。

とまあ、とても気分が良くなったところでタイムリミット

すぐに会場を後にしました。

 

結論は、行って本当に良かったですcatface(単純だな自分)

カタログ見たらうちのサークルカットが、作っていた自分、何を勘違いしていたのか、サイズが小さすぎだったけど、そんなこともどうでもいいさみたいな気分になってるし(おいおい)。

 

なんかものすごく駄文長文散文になっているけど、ご了承下さい。テンション高いうちにレポしたかったもので(笑)。

来年も時間が合えば行きたいところですが、まったりするくらいの気持ちで行ったほうがいいイベントなのは確かなようだから、その時は気張らないようにしたいですwink

2009年7月10日 (金)

今頃?早すぎ?

Cimg6398 七夕の日にあまりの可愛さに購入した星型コロッケ。

今頃とかそれはなしで(笑)。8月が七夕の地域もあるのだから、まだ早すぎとも言えるよね・・・たぶんcoldsweats01

七夕と言えば、願いごとだけど、みなさんの願いごとは叶いそうですか?

自分の場合、願いごとを叶えたい気持ちより、自分にとって大事な人たちの願いごとが叶ってほしい気持ちが大きいですね。かなり偽善者入っていますがcoldsweats02

そして、その人たちから漲るパワーを吸収する。ほとんどマイナスイオン扱い(偽善者確定sweat02

でも周りに負のオーラがたまっていると、不思議と伝染してしまうんですよね・・・。それならやっぱり、みんな元気なほうがいいsign01メシもうまい(笑)。

とは言え、最近はオフセ本や新刊作りに時間をとってしまい、それと同じくらい大事な人や、大事なことを後回しにしている気がしてなりません。そんな迷いが残っていても、思ったとおりに悔いなく前を見るしかありませんね・・・うーん、やっぱキレイゴトだwobbly

 

さて、私の願いごとの一つである、オフセ本が一つ完成しました。シトロンシーズンの改訂文庫本ですhappy02

本当は、8月のイベント初売りで充分と思っていたのですが、ずいぶん早く本が到着。

2週間見てと言われた本が、1週間経たずして。まだまだ繁忙期じゃないのかな? ってそれはないか。

純粋に嬉しいですconfident

また細かい話は次回にして、今回はここまで(笑)。

2009年7月 4日 (土)

笑ってごまかす

先月はブログ更新2回・・・。いやはやなんともcoldsweats01

イベントには出ていないから、ブログ更新は増えてもいいのに・・・反対に言えば、それだけ活動していない分、話題がないと言うことか。

それはともかく、地味に物書きのほうに時間を費やしていたら、今年も半分過ぎていたりして。この分じゃ、今年もあっという間に終わるなsweat01

それはどうにもならないから笑ってやりすごすとしてdash

「雪白書」の第6話は来週あたまには郵送できそうかと思われます。いよいよ折り返しです。

我ながら、どんな話になるのか想像つきませんimpact

いや、これはいつものことか。

しかもあろうことか、「雪白書」を手がけている今、もう別の話が頭に浮かんで、早くも新作を書きたい気分になったりしてcoldsweats02

いや、以前にもありましたけどね。マイルストーンズがまだ完結していないのに、ぼくらのゆりかごの構想がすでに浮かんでいた時を思い出したし(苦笑)。

と言って、すぐに取り掛かるかは全く別の話。「雪白書」が落ち着いたら同時にそっちを書きたい気持ちが消える可能性も充分にあるし。

やっぱり昨年書かなかった反動が出ているのだろうか(笑)。けど、むやみに取り掛かるとただ書き散らすだけになりそうだから、少し気を鎮めないといけないか。まず今日のこの文章ですら書き散らしてる状態だしshock

まずはこの分だと、今秋に「雪白書」のオフセ本発行にまで持ち込めそうですhappy01

それからのことは、それから考えます(笑)。

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31