« 毎年のことですが | トップページ | イベント予定 »

2010年11月18日 (木)

ちょっと熱く語ってもいい?

蜘蛛荘蟻号室第10話は来週あたまに一斉発送予定です。以降、週1弱(そんな日本語あるのか?)ペースで年内は予定として16話までお届けするので、よろしくお願いします。相変わらず郵送のペースがバラバラですみませんsweat01

さて本題ですが、サークルとは関係ない話なので、興味のない方はスルーして下さい。かなり内輪向けの内容ですのでcoldsweats01

前回(昨日)出した年賀状ネタについて、友人と電話で当時のことを話しながら、過去の年賀状(どんなものを描いたか保管用に各1枚ずつとってある)を出して振り返ってみた。

こだわりは昔から変わらないけど、さらに力を入れているのは2002年からだなあ、なんて思っていたら、この年ってサークル発足と同じだったことに気付く。それまでも別ジャンルで別のサークル名で活動はしていたけど、改めて今出しているNever Wantなどを本にして売り始めたのがこのころだった記憶があるので。

そうか、手描き年賀状とサークル活動、全く関係ないように思えるけど、どちらも“同人”って共通点があるよなあ。

今回は、その年賀状エピソードを紹介します。お手元に年賀状をお持ちの方(かなり限定されますが)は、比べて見て下さい。

ついでに、宛名の整理がてら、年賀状を書き始めませんか?(別に日本郵○の回し者ではありませんよcoldsweats02

2002電話で話した友人は一番気に入ってくれているもの(笑)。

自分の年賀状のポリシーは、『ちょっとだけアシンメトリー』。うまだったので、颯爽と・綺麗に・けど中央の花だけ崩したかった(笑)。バックの色使いを3色にするとかこだわってたなあcatface

2003ひつじなので、かわいらしくコミカルに仕上げたかった。

赤い糸が絡み合ってる風にしたくて、唯一絵柄で色つきのサインペンを用いたもの。ひつじ→毛糸→なんか良さげな赤い糸って思考がとても単純だけどsweat01

2004太陽の色は、赤バージョンとオレンジバージョンがあるけど、理由は特にない(笑)。

こだわりを少しだけ取り除いてみた。普段は下部に描いてあることが多い動物(さる)を上部に移してみたり、バックをあまり取り入れない赤にしてみたり、反対に絵柄で赤の類いを一切用いなかったり。それと、富士山やコマなど正月に関係するアイテムを出したのも今のところ最初で最後。

でも、自分の中で一番のこだわりは、バナナの色。絶対黄色にはしたくない何かがあった(笑)。たぶん全体の色づかいを見た上だったかな。

2005にわとりではなく、どうしても白鳥にしたかった(笑)。

2002年風に美しくきれいに仕上げたく、バックは銀って決めていたけど、一歩間違うと喪中の色づかいになりかねなかったので(汗)、そこはかなり気をつけた記憶があるかな。サインペンを極細にしたり、花の色一つとってもかなりこだわった時のことが鮮明に出てくる。当時はぼくらのゆりかごと平行してグロッキーな生活だったことも含めてwobbly

・・・とまあ今回はこんな話が続きますので、本当に興味のない方は以下読むことをおススメしませんcoldsweats01

2006これもかなり今までとタイプを変えたなあ。ここまで変えたのは後にも先にもないかも。他と比べても、明らかに異質だし。バックを果物にして、反対に今までは動物を2匹出していたものを、この年は14匹登場!(あとになって、年賀状で“4”にまつわる数字はどうかなあ、と思い、そこは後述の2010年に活かしてみた・笑)

でも一番こだわった且つ自分の中で気に入った部分は、犬が持つシーツのしわ(笑)。

2007いのししをできるだけ可愛く描きたかったwink

もうバックの色からして可愛らしさアピールしすぎだなあと思ったけど、当時、シトロンシーズンを書くと公言していて、作品のイメージカラーが自分の中でピンクだったこともかなり関係しているかな。柄自体は前年こだわりすぎた反動か、基本かなりあっさりしているかも。

ちなみに、“2007”の部分は砂ぼこり的なものを描いたのに、友人いわく「オナラにしか見えん」shock

2008ねずみ→ミッ○ー→ディ○ニーランドをイメージした。うん、やっぱり安直。

夢あふれる意味もこめて、こだわったのは虹。それと、水面。意図的にアシンメトリーに塗ったけど、さすがにこれは気付かないよなあ(笑)。

2009今だから言うと、これは自分の中で微妙Σ(゚д゚lll)

草食をイメージしたバックの色やシンプルな柄など、描き始めはいい感じゃんと思っていたのだが、完成に近付くにつれ、どうもしっくりこなくなった。柄のツヤ出しを意識しすぎて、前年に続いて人工的な仕上がりになってしまったのもなんだかなあ。当時は生活全般慌しかったから、その影響もか?sweat02

うしの絵自体は自分で言うのもなんだがかなり好きなんだけどな。2009年は個人的にもいい年だったし(笑)。

2010前年の人工的要素をすべてのぞいて、動物の自然体を意識してみた。個人的にはお気に入りnote

それと、とらって中国のイメージだから、少しそっち系の柄にしてみたりして。今まではバックに黄色を用いると、その年はあまりいいことがないってジンクスがあったのだが、イメージ最優先に、あえて全面黄色(笑)。けど、自分の中でかなり仕上がりが吉と出たかな。

・・・とまあ挙げていたが、来年の仕上がりは、やっぱり微妙なのかな(焦)。今年と比べて、やっぱり可愛らしい動物だからと、できるだけシンプルに強調しすぎず仕上げたのが仇となっている気がして仕方ない。と言って描き直す気はないけどbleah

ちなみに、一番こだわったのは、ある花です。言われなければ「これのどこがこだわり?」って思うでしょうが(笑)、お手元に届いた方は、ぜひチェックしてみて下さいねhappy01

 

最後まで読んだ方には、本当に「ごくろうさま」と「ありがとうございます」って気持ちですm(_ _)m

« 毎年のことですが | トップページ | イベント予定 »

エピソード」カテゴリの記事

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31