« 2011年度初イベント | トップページ | あれから10回(綾小○風に・笑) »

2011年4月 1日 (金)

新年度

ここで重要なお知らせです。

私ことTAKAは、新年度に伴って、同人活動を引退します。

 

ウソです。エイプリルフールなので。いやホントどうでもいいウソで恐縮ですcoldsweats01

ここからはホントのことを話します(笑)。

昨年度のトップ画はフルーツでしたが、今年度はシンプルに花の写真でいきたいと思いますtulip

と言うわけで、4月はチューリップです。この写真はシトロンシーズンの定期配布用に使用した物です。シトロンシーズンの扉は食べ物や景色など毎回変えていたけど、全体色がシトロンに通じる、黄色&緑系になるよう統一したのを思い出しました。

だから、このチューリップも黄色shine

トップ画の花は黄色にこだわらないつもりですが、改めてよろしくということで。花が大好きな友人がいるので、想いが届けば幸いですwink

 

そして、そうさく畑65が目前です。もうイベントモード全開ですgood

よく考えたら、蜘蛛荘蟻号室はイベント初持参だった(笑)。実は作ったのが1月だったので、自分の中ですごく意外。こちらもよろしくです。ホラーというかオカルトまがいと言うか、なんか間違って怖そうなものを書いてみました的な仕上がりですbleah

そして、文庫本の増刷が2種類。年度初め、それも初持参が畑というのは自分にとって感慨深いものありですhappy02

いつもなら畑サイトのサークルPRを活用させて頂くのですが、今回は機能されていないようですので、ここで代わり(?)にアピール致します。ちなみにすべて500円ですbell

 

増刷本その1・・・マイルストーンズ/文庫・268P

元気いっぱいの女子中学生が夏休みに体験したちょっと不思議な物語。諏訪へ引っ越した親友へ会いに家族で出かけるが、そこでは思いもよらない展開が待ち受けていた。関東発のドライブは、なぜか兵庫を抜けてしまい、西へと突き進むのであった……。そんな彼女が最後に見た光景とは?

 

増刷本その2・・・ぼくらのゆりかご/文庫・368P

何一つ不自由なく育った少年が唯一不満だったのは、住まいが田舎町であること。念願叶って東京へ引っ越すことが決まり、夢と期待に心躍らせるのだが、それは波乱と憎悪に満ちた、闇のトンネルの入口だった……。心荒んだ兄と、心優しき弟の壮絶な苦悩の物語。

 

新刊・・・蜘蛛荘蟻号室(クモソウアリゴウシツ)/B5・80P

大学でプチブーム化している、入ったら死ぬといわれる廃墟の噂話。怖いものが大嫌いなヒロインは、自分とは無縁と思っていたのに、誘われた同好会のパーティーで酔った後輩を介抱していたら終電を逃してしまい、グループの一人が廃墟へ行こうと提案したことで、無理やり連れて行かされるはめに。当サークル初の、オカルトホラージャンル!

 

……改めてあらすじを述べると、当サークルは日常の中に少しだけ非日常を入れた作品が多いと思いました。

そう言えば、前に友人がボソッと呟いたこと。

「お前の作品で、一番リアル現実っぽくて実は一番有り得ないのって、我が愛は尽きぬだよな。マイル(ストーンズ)は“許せる有り得ない”。我が愛は反則レベル

すぐに納得した自分もどうかと思ったが(笑)。

 

4月3日はすぐそこです。神戸でお会いしましょうcherryblossom

« 2011年度初イベント | トップページ | あれから10回(綾小○風に・笑) »

ご挨拶」カテゴリの記事

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30