« 読書の秋 | トップページ | ブラックパール »

2012年10月25日 (木)

モチベーション

書きたいように書いて、きっとそれは全くなくならない限りは続いていく。

そんな風なことを、何の作品かのあとがきに残したことがあるけど、きっとそれは、そういう気持ちを持ち続けたい、って意味合いもあるのかな、と今は思う。

 

ただ「書く」だけなら、なんとかこなせるかも知れないが、気持ちを注入せず、ただの「作業」になってしまうと、なんでこんなことやってんだろ、ってどのみち躓くのが想像つくし。

それこそ「次のイベントに出るために、原稿やります!」みたいな流れになるだろうし、まあそれ自体は否定しないけれど、うちのサークルには合わない気がする。多分、「合わない」って表現が当てはまるかな。うちのサークルは、まさしく勝手に書いて勝手に作って、イベントがあれば(スペースを借りて)勝手に売っているスタンスを貫いてきたのでcoldsweats01

 

ただ最近は、イベントに合わせて書くことも、少しだけありかな、と思い始めている。

もちろん、書きたくもないものをイベントごとに出すのは本末転倒だと思っているけど(苦笑)、書きたいものを少しずつ温めて、少しずつ出し続けるペースもありかなと感じてきたので。

 

今までは、長編一本書くのに対し、傍から見ればくだらないほどに時間を費やして、まるまる半年がかりで……が当然だったけど、そのパワーが衰えたわけではないと信じたいが、紆余曲折しながらより時間をかけるのも面白いかな、と考え方が変わってきたと言うか。

目的地まで高速一本で突っ走るのではなくて、一般道の、国道ではない細い路地を何度も曲がっては戻り、その街並みを楽しみながら進む感覚かな。

 

イベントは一種の休憩所や分岐点みたいな存在。つぎの休憩所までは頑張って(書いて)みよう。けど、休憩所で食事をしたらより元気になるか、急に眠くなるかでそれまでのペースが狂ってしまうリスクはある。でも、それなしだとやっぱり進めない。

うん、今の自分にはそんな喩えが一番ピッタリかも(笑)。

 

納得がいくまで考え、のんびりでも、止まらずに、気持ちは走り続けたいですhappy01

« 読書の秋 | トップページ | ブラックパール »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31