« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月26日 (月)

2012 11/25 Travellers 14th~創作旅行~

2年4ヶ月振りのビッグパレットによる開催でした。

と言っても、今までは3階が会場だったけど、今回は1階。けど、直前まで被災された方へ提供していたこともあり、会場内のテーブルが衝立だったり、壁の穴が洗濯物干しのフック用に開けられていたりと説明がありました。特に被災者ではないと、喉元過ぎればで過去の出来事になりそうだけど、忘れてはいけないですよね。いつ自分が被災者にならないとも限らないわけですし。

 

前回の会場(専門学校)に比べると、やはり正直、「戻ってきた……」が率直な感想でした。ここの会場は、本当に落ち着く。空調が万全なのはもちろん、まったり感が心地よい。このイベントは、ここでこそだな、と改めて感じましたshine

 

文章サークルがそんなに多いわけではなかったけど、右隣のサークルさんは、昔、別イベントでご一緒だったのをすぐに思い出しました。

左隣のサークルさんも文章書きの方で、もちろんお会いしたのは初めてなのですが、終始話に花咲きました。帰り際のお茶まで付き合って下さり、感謝ですhappy02

 

オープニングBGMは好きなフュージョン、恒例のビンゴゲームにイラストコンテスト、そして今回は利用しなかったけど、見本誌置き場……小規模ながらの工夫を凝らしたアットホームな流れ。決して押し付けず、周りの空気もピリピリしていないところなど、本当に居心地が良い。

先週、別のイベントに出たから余計比較してしまうのかも知れないが、参加するだけでパワーを奪われるイベントと、パワーが漲るイベントがあるんだなとつくづく思った。良いか悪いかではなく、あくまで自分にとってなので、そこは誤解なきようsweat01

 

今、自分にとってのイベントは、売るためだけではなく、快適且つ、今後に繋がる気力をもらい、あわよくば交流を図るものなんだな、と。

 

東北は、あまり自分自身直接の縁がないところでしたが、このトラベラーズは今後も参加していきたいです。不思議と、このイベントは小規模にも関わらず、ほぼ毎回必ずなにかしらの交流があるので。

 

福岡のシティや神戸の畑と同様に、売り上げ関係なく、参加そのものが楽しみになるイベントの一つになっています。次回は震災以前の3階で実施されるそうなので、こちらも含めて楽しみにしていたいです。

 

最後に、お買い上げ下さった方ならびに、当サークルの蜘蛛荘蟻号室をカタログにピックアップして下さったスタッフさん、ありがとうございますhappy01

 

やる気が出たところで、後に引けない告知をします(笑)。

来年春を予定に、新刊(長編小説)を作りますup

2012年11月25日 (日)

2012 11/18 第十五回文学フリマ

一週間経ってのレポートです。本当はもう少し落ち着いてからとも考えたけど、すでに記憶が曖昧になってきているのと、実際に落ち着く時期を待つと、下手したら年内に間に合わない可能性が出てきたので、思い切って時間を費やします(笑)。

そうは言っても、ほぼ個人的な事情なんですけどねcoldsweats01

 

結論から言うと、ほぼ一日、カタログに夢中でした(笑)。

当たり前だけど、文学のイベントなので、サークルカットというものはなく、すべて紹介は文面なので、読み応えあり。正直、絵のみとかだとほぼスルーしてしまうので、このイベントに関しては、隅々までチェックしてしまう。限られたスペースでの文章力や惹きつけられるフレーズなど、つい読み耽ってしまう。どこもすごいなあ。うちはシンプル通り越して基本使い回しの在庫報告なので(汗)。

その中でも、今回のイベントに向けたマイテーマみたいなものを掲げているサークルもいくつかあり、やる気が漲っているなあ……と感心したりして。そう思っている地点で、どこか最初から冷めている自分が今回はいた。

 

ここで話を出していいのか、いささか不安ではあるが、このイベントの直前に、知人且つ読者の一人に不幸があった。最近は交流らしきものもなかったけど、イベント中、ディスプレイを見るたびに、私のある作品についてすごく熱心に感想を語られていたことを思い出して、自分自身が放心状態だったなあ、と。

イベントで過度な呼び込みが禁止されたことも手伝って、まともな接客もしなかったのもあり(うちは元々過度な呼び込みとは無縁なので、そこは自重する必要がなかったのであろうが)、イベント前後の慌しい時間とは真逆に、開催時間中の6時間、ポカッと休みが与えられた状態になったので、要は、ほぼスリープ状態でした。入った情報はカタログの内容のみとか、どんだけsweat02

 

そんな中、別イベントで知り合った方々が本を買って下さったのが救いであり、励みにもなりました。ありがとうございますm(_ _)m

本当はカタログチェックして行きたい場所がいくつもあったんですけどね。今回はそこまでの気合いがとても入りませんでした。

 

ただ、それらの事情・心境を含めなかったとしても、そんなに楽しめなかったかも知れません。

 

だんだん感じるようになってきたことだけど(ここでも結構語っているけど)、イベント参加する最大の理由が、本を売るだけではなくて、イベントの雰囲気を楽しむことが重要視されていることを自覚してきたので、このイベントそのものを楽しめていないなあ……と、回を重ねるごとに確信してきたりして。

規模が大きくなるのは結構だと思うけど、場所がどんどん不便になる感も否めないし。ある意味、関東在住よりも、飛行機使って羽田に降りた人のほうが便利な気すらする。

 

次回の文学フリマは大阪での開催らしく、雰囲気がどう変わるかがすごく興味あるため、時間が合えば参加したいなあ、とは思っていますが、さてどうなりますかcatface

2012年11月20日 (火)

ささっと

こないだの日曜日は文学フリマでした。

そして次の日曜日もイベントです(笑)。

 

11月25日(日)Travellers14th~創作旅行~

スペースNo.は54で、会場は、2年振りのビッグパレットふくしまですhappy02

 

なんだか色んな意味であわただしい月なので(今月、記事少ないなあsweat02)、レポートはまとめて後日行いますm(_ _)m

2012年11月13日 (火)

幼少の延長

初めて同人関連に手を出したのは、小学生になったばかりの頃。

と言っても、もちろんコミケに行ったとか同人誌を作ったとかのレベルではなく、漫画みたいなものを紙と鉛筆でパラパラ描いていた程度のものだけど。このくらいの経験なら、結構誰にでもあるんじゃないかなあ?

 

それが多分、学生終える頃まで続いていたような(笑)。興味本位でスクリーントーンとか買ってはみたものの、結局は自分で描きたいから続けていた漫画があっただけで、他人に見せられるレベルではないし、製本もしていないので、ファイリング程度。

だから、友人が遊びに来ては、それ見せて酒の肴にすることもしばしばcatface

 

そんな時、ふと小説を書いてみたいと思って手がけたのが、なぜか、中学生の初恋モノだったりする。「生徒会長」という名前で、もしかしたら、このブログを読んで下さる方の中でお手持ちの方もいらっしゃるかも知れませんね。

「生徒会長」は、いろんな漫画(と言えるものですらないのだが)を描いてみたけど、結局はドラマの受け売りがほとんどで、全くオリジナル性がなかったから、そういうものをそぎ落として、自分の気持ち一つで書いてみた。

けどそれも、読んでもらった人からかなりの確率で、某テレビドラマの影響を受けてるね的に言われたし、自分も読むたびにそう思ったりして(失笑)。

そんなわけで、この「生徒会長」も一応はB5版から文庫本へと製本はしたけど、完売と同時にスペースに置くのはやめました。再販は今でも考えていないし、これからもしないと思います。

この話が嫌いとか蓋をしたいとかではなく、単純に、今の自分の気持ちを伝えるには違う気がするから。なんだろう。うまく言えないけど。

 

当サークルに置いてあるものは、書いていた当時と比べて今の思い入れの大小は別として、「伝えたいこと」が必ずある作品です(うわ、なんかエラそうsweat02)。だけど、「生徒会長」にはそれが多分今の自分にはない。なんか色々と試行錯誤はしていた記憶があるのに、闇雲に書き上げたい気持ちが大きすぎて、書き切れていないな……ってところかな。

 

なんでいきなり「生徒会長」の話になったかというと、この話の季節が、クリスマスメインだったからで、この時期になって街の装いがそれになる度に思い出すから(笑)。

 

で、書きたいものを書いて売りたい時に売るマイペースさは、子供の頃から未だに変わっていないんだなあと。アダルトチルドレンなのかなって気もするけどcoldsweats01

 

書きたいものがなくならないうちは、ずっと続くんでしょうね。

2012年11月 1日 (木)

ブラックパール

取り急ぎ、次回参加予定の文学フリマのスペースNo.は、D-68ですhappy01

 

とか言って、ここで閑話休題とか始めたら、突っ込まれそう(汗)。

とりあえず、今月のトップ画はブラックパールです。この時期に色づくのか分からないけど、先日某公園へ出かけたらあったので、綺麗だしいいかな、と(笑)。

黒い実が、少しずつ赤く色づくらしく、観察するのも面白いかもですねnote

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30