« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月28日 (火)

LIAR TAKA

なんか大層なタイトルですが、大ウソついてしまったらしく、お詫びと訂正の記事ですsweat01

 

無料配布本をご覧になった方から頂いたご意見です。

 

「“高校生が主役の作品はない”って書いてあったけど、シトロンシーズンって、高校生が主役だよね?」

 

うわあああ!!

 

全く忘れていた!shock

そうだ。完全にマイルストーンズと混同していた!

あっちは中学生が主役なので、つい……(それと、マイルストーンズとシトロンシーズンの主役は同い年という裏設定があるので、余計に錯覚してしまった)。

 

て言うか、シトロンシーズンの宣伝には必ず「女子高生のコンビニバイト~」って思いっきり記しているのに、なんたる失態sweat02

 

察するに、ここでも何度か挙げたことがあるけど、昔描いていた漫画「パーソナルメモリー(女子高生が主役)」の印象が自分の中で強すぎて、これ以外に高校生が主役の作品はないな、と勝手に勘違いしていたと思われます。

 

まだ無料本を6月のイベントでも配布する予定なのにdown

 

と言うわけで、一部間違いがある無料配布本ですが、もう一つ、これは自分で見つけたのですが、同じくシトロンシーズンの紹介ページで“最新作”と述べてあるけど、明らかに数年前の原稿の使いまわし感がバレバレ……。

まるで、シトロンシーズンに全く思い入れがないみたいじゃないか。そんなことは断じてないのだが。

 

そんなわけで、あくまで参考程度に流し見でお願いします。

いえいえ、本当に失礼しました(*_ _)人

2013年5月26日 (日)

2013 5/26 Travellers 15th~創作旅行~

イベント自体は半年振りだけど、中会議室での開催は3年振り。

感慨深くなるのかな、と思いきや、やっぱり間隔が通常(年一回)の半分なので、あまり懐かしさはなかった(笑)。

 

このイベントは、雰囲気をまったり楽しむためのものなので、通常のイベントより若干気持ちが落ち着く。もともとガツガツした売り方はしないけど、ほんのわずか残っているはずの販売意欲すらなくなり、自分が売るためより、周りを見て楽しむほうが面白い、自分の中では異質なイベントと化している。なんと言っても“創作旅行”ですからね(笑)。

 

委託コーナーと他イベント(COMITIA)で提出された見本誌を眺めたり、手に取ったりくり返す。ビンゴゲームの後に見ようかなと思ってたら、すでに売り切れてしまい、後悔する。元の販売場所を教えてもらったので、後日購入する予定。

 

ビンゴゲームでは、元から数字が書いてあるカードと、自分で数字を書き足すカードが選べた。自分で書き足すタイプに惹かれたけど、過去、元から数字の書いてあるカードですべて景品をゲットできたので、自分で書き足すカードを選んだことで運に見放される気がしたのと、逆に、自分で書いたカードが当たったら、それはそれで自力で切り開いた道の運を使い果たした感じがするので、通常の元から数字が書いてあるカードを選択(長いな)。

 

結果、かなり上位でビンゴsun

喜多方ラーメンをちゃっかりゲットしましたnoodle

でも今回は、最終的に全員が景品をもらえるようになっていましたね(笑)。これはこれで良かったかな。

 

イラストコンテストも、二つ投票できるけど、そのうちの一つは上位で選ばれていました。

応募数は気持ち少なめだったかな?

 

飲み物も終始フリーで、アルコール以外は一通り揃っているので、自分で買わずにここでいただきましたcafe

のぼりの応援メッセージも定着化しつつあるのがいいですね。自分や周囲の身が安定すると忘れがちになるけれど、励みになる人がいつでもどこかでいると思うので、今後も続けてほしいと思います。

 

そんな感じなので、ほとんど売り子らしいことはせず、出歩いて、疲れたらスペースに戻って休むみたいな(笑)。

スペースにいる時もカタログをじっくり見ているくらいだったのですが、そんな中でも、見本誌を読んで下さった方ならびに買って下さった方へ厚く御礼申し上げますhappy01

 

そういえば今回は、震災前に発行した紹介本でチェックされて、ほぼ3年越しで来て下さった方がいらっしゃいました。純粋に嬉しいですshine

 

先週の関西コミティアでは、5~6年前に別地域の別イベントで購入なさった方が改めて来て下さったり……こんな時に、定期的にイベント参加していて良かったと思います。

本当に感謝ですm(_ _)m

 

収穫がメインだった今回ですが、ひとつだけ迷ったのが、一本締めに参加するか(笑)。

この一本締めって、だいたい14:30に行われるので、これをやると、次のバスまで30分以上待つのが厄介。

イベント自体は15時までなので最後までいてもいいのだけど、実質、一本締めが終了みたいなもので、最後の30分はまったりを通り越して、内輪でダラダラになるので(←前回はお隣サークルさんと話で盛り上がったので、15時までいたけれど、退室するのがほぼ最後・笑)、今回は十分イベントを満喫したのと、帰りに郡山駅周辺も散策したかったので、14:30前には撤収してしまいました。

 

主催の方が“終始まったり”を連発で公言するところ含めて、このイベントはすごく好きです(笑)。

サークルや本を見ると、若手が多いのかなと思いつつ、カタログによると、サークル代表者はオール22歳以上だとか。6人に1人が40代らしいので、意外とまだまだイケるかも(何が)。

 

というわけで、今月は2週連続でイベント参加しましたが、来月も一応イベント参加予定です。しかも来月は、2日連続(笑)。

無料配布本には明記してあるので、ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、その辺のお話は、また近日いたしますwink

2013年5月19日 (日)

2013 5/19 関西コミティア42

気がついたら(?)、なかもずで開催された文学フリマから、もう一ヶ月経つんですね。

先週って言われてもあまり違和感ないんだけどcoldsweats02

 

それはともかく、行ってきましたOMMビル。このビルは先々月そうさく畑で来たばかりだし……うーん、関西マジック(違う)。

 

関西コミティアは、徐々に規模が大きくなっているので、この先若干不安でもあります。

会場の問題もあるけど、規模と手にとってもらえる率は、なんとなく反比例になる可能性もあるので、そこは心配するのが半分。引き続き応援したいが半分です。

 

先に微妙だったことから挙げると、人が増えたように見えて、意外とそれはサークル参加者に限っているのかも……と思ったりして。なんとなくだけど。

それと、そのサークル参加者のモラルが怪しい場面に何度かあったかな……。

たとえば、スペースいっぱいと言うか、明らかに共同スペース(机以外の空間)に大きくはみ出して作業をしている人とか。通ろうにも声をかけても全く気付こうとしなかったり、気付いても謝らなかったり。まあ、一部の人と思いたいですsweat02

 

肝心の自スペースですが、場所的に、あまり人が来る感じではなかった気がするけど、両隣のサークルさんとは楽しくお話できました。どちらもとても気さくな方だったので良かったです。

どちらも初めてお見かけする方々だなあ……と思っていたのに、どちらも関コミ常連さんでした(汗)。

色んなジャンルの色んなお話が聞けるのはとても勉強になるので、これからも交流を続けていけたらと思いますnote

とか言いながら、前半ほぼカタログ夢中で読んでて、まともな接客していなかったけど(汗)。

 

そんな中、今回直に見て下さる方は少なかったにも関わらず、買って下さった皆様、ありがとうございますshine

 

特に今回は、蜘蛛荘蟻号室の在庫を十分に持ってくるのを忘れたため、ご迷惑おかけして申し訳ありません。

少しばかり無料配布本に気をとられすぎましたm(_ _)m

 

今回は珍しく(?)途中から雨が降ってきましたが、OMMはこういう時に強いですよね(笑)。全く濡れずにすみましたcatface

 

終了後は、もうすっかりおなじみの堕天王さんたちとOMMビル内でお茶cafe

堕天王さんとは、もしかしたら地元の知人よりよっぽど近況を知ってるかもってくらい、最近はイベントで会うので、会うたびに「お久し振り」なんて言葉を交わすと違和感が出てくる。住所は1000km以上離れているのに(笑)。

 

全体を通しては、スペースにいる時も、回っている時も、嬉しいことが意外とたくさんありました。それはとどめておくことにして(笑)。参加された皆様、お疲れ様でしたshine

 

そして次回参加するイベントは、5月26日(日)Travellers 15thで、ビッグパレットふくしまの3階中会議室にて催されます。スペースNo.は、19です。

震災以来の中会議室。少しでも楽しめたらと思っています。

 

……ん?もう来週ですねdashsweat01

2013年5月11日 (土)

リターン

なぜ、物書きをしているか。

書きたいから書く。ただそれだけなんだよなあ。仕事や小遣い稼ぎじゃないんだから。

 

なぜ、フッとそう思ったのかと言うと、時間が空いてたまたま立ち寄ったところと、ある作品を書いていた時の思い入れある場所が重なったから。

 

ああ、まだ思いはあるんだな、と。

物を書いたらその時の気持ちは消化される、と前の記事で述べたけど、その時にリンクするものを見たら、当時の作品への思い入れまで鮮明に呼び起こすことができる。

決して後ろ向きではなく、変な言い方だけど「良い思い出」になっているので、すぐ現実に戻ると、そこに執着することはないけど。

 

そういう「今」の気持ちを書き記すことで、「思い出のアルバム」が増えて、いつでも戻れたり、すぐ別の場所へ向かうことが出来る。

 

ただ、書かないと、思いばかりが募って、進むことも残すことも出来ない。

だから、いつでも戻れる場所をたくさん作りたい。

 

 

今書いていて、なんか、ドラクエルーラみたいだなって思ってしまったcoldsweats01

2013年5月 7日 (火)

そろそろ新作の話でも

今年中に完成予定の新作(長編小説)の内容についてですが、次回以降のイベント(関西コミティア42~)にて配布予定の無料本に記してあるので、そちらをご覧頂ければと思います。

 

今回はいろいろと変則的です。というか、ほんの試みですが。

まず、今まで行っていた、希望される方のみに行っていた節ごとの定期配布はありません。

これについては今回のみで、その次に手がけるであろう作品からは、また通常の定期配布形式をとるつもりです。

 

そしてもう一つが、上述の通り、内容については最初に無料配布本にて発表するという形。

以前の記事でも述べましたが、関西コミティア以降もイベントが続くので、そこが一段落したら、ゆっくりブログでも報告していこうかと。定期配布を行わないので、完成までに時間があるうちに公開する必要も今回はなさそうですし、最近はイベントでの交流が増えたので、直に来て下さる方へのお礼の気持ち……のつもりで、そうしました。

といっても、全く出し惜しみするものでもないんですけどねcoldsweats02

 

それに今回は、完成のメドが立たないのも若干ありますsweat02

無計画に書いているわけではないけど、時間を区切ると詰まりそうな予感がすごくする(汗)。

そのため、こちらのブログでは状況に合わせて情報を小出しする形をとっていきたいと思っていますので、よろしくお願いしますm(_ _)m

2013年5月 1日 (水)

たまには思い出す

物語を作るときや、ごくまれに内輪で話題が出ると振り返るのが、過去に書いた作品。

大抵の作品には思い入れがあるけれど、その中で特に強かったものや、完全に消化できなかったものは、どこかしらよみがえる思いが存在する。

 

自分が書いたもので思い入れの強い作品に、「パーソナルメモリー」と言うタイトルの漫画がある。漫画だから書くではなく「描く」になるのだろうけど、原稿用紙以外は適当な画材で適当なコマ割りで、とにかく他人に売るレベルではないので、「漫画を描いた」と公言するのもどうかと思うけど、それでも描いていた。

まだ同人の世界とか全く知らない頃に、身近な友人知人に見せていたぐらいだけど、出来上がりからは想像できないほどの、“思い”が詰まったものだなあと、今振り返るとやっぱり強く感じる。

間違いなく、それが原動力。よく3年も続いたと勝手に感心する。

 

人に見てもらいたい気持ちもさることながら、まずは自分が描きたい。無意識に、同人の原点を忠実にしてきたんだなと。いや、そこだけは今も変わっていない自信はあるけど、やっぱり当時の“若気の至りパワー”は、正直ちょっと羨ましくなったりもする(笑)。

 

そこから、人に見てもらいたい気持ちをさらに一切抜きに、自分が書きたいものだけを書く、と意図的に貫いたのが、「生徒会長」という作品だが、この作品については以前述べたことがあるので、今回は割愛(笑)。

ただ、生徒会長については、肩の力を入れすぎて、パーソナルメモリーが未完なこともあり、だんだん「何が何でも完成させる」と意識してしまった部分が大きい。

だからこそ、完成したときは、初めて長編小説を書き切った満足感で、だいぶ気が楽になったのを未だに覚えてる。

 

「パーソナルメモリー」と「生徒会長」の2作品を経て、ようやく自然に書き始めた小説が、当サークルにある、一番古いNever Wantになる。これになると、書きたい気持ちや出し切り方など、今とほとんど変わらないし、出来は置いておいて、書きたい気持ちを消化した意味で、自ら思い返すことはほとんどない。

 

だから、2作品があってこその今なのかな、と時々、特に未完のパーソナルメモリーについては思い出します。

 

そのうち「いま、あるほん」とは別に、その2作品の解説ページとか作るかも知れません。

まあ、新作を書き上げたらになるでしょうけど(笑)。

 

そんな「新作書きます」の告知を最初にしてから、早半年。もう5月です。

今月のトップフォトは藤の花ですclover

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30