« お詫び | トップページ | ゆる~く告知 »

2014年6月30日 (月)

朝っぱらからではございますが

半年ぶりに、長文になると思います。

 

昨日は、イベントに参加できず、申し訳ございませんでしたm(_ _)m

何人かの方からメールを頂いて事情を尋ねられたので、その方たちには詳細をお伝えしましたが、単純に、物理的な要素が重なって、参加しにくい状況になってしまったとまずはまとめさせて頂きます。

間違っても、交通機関に乗り遅れたとかではないので、誤解なきよう(苦笑)。

 

ただ、もう少し正直に話すと、モチベーションの低さはあったかも知れません。ここでのモチベーションとは、“そうさく畑”に“サークル参加する”ことを挙げています。

かつてのそうさく畑なら、どんなことよりもそちらを最優先して、公的な事情で参加が厳しかろうが、そこを押し通してでも参加していたし、参加するメリットが大きかったから頑張って行く気力も沸いてきたのですが、前回のそうさく畑収穫祭-春-に出た時は、いろんなことが変わりすぎていて、ほとんど自分が知っているイベントではなく(詳細は、アンケートや限定チラシにて羅列しましたが)、初めてそうさく畑に行くこと自体がしんどくなっていました。

 

それに加え、今回急用が立て続けに発生し、今の状況を振り切ってでも参加することに意味があるのか、とギリギリまでジレンマがありましたが、結論は、『楽しめない気持ちで参加するなら、今しなければならない事態を優先しよう』でした。

 

 
おかげさまで、こちらの事態は思いのほか落ち着いたので(と言って切迫しているほどではなかったのですがsweat01)それに関しては良かったのですが、メールを下さった方から、今回で、元々は主催をなさっていた武田様が畑のイベントを退かれることを知りました。

 

今まで、ここや前のホームページ時代でも、イベントの主催者様については他イベント含めて語ったことがほとんどなかったのですが、武田様にはかなりお世話になっていたので、残念でなりません。

かなりお世話に、と言っても、個人的な付き合いとかではなく、カタログにほぼ毎回新刊についての評価を下さっていたので、大きな励みになっていました。良いことはサークル名を名指しで書いて下さいますし、そうでないことは、敢えて伏せて(こういうもったいない書き方や作り方をしている、的なことを)語られることもあるのですが、よく読むと、

 

「あ、これうちの本のことだ」

 

てことがあって、悲鳴をあげそうになったり(笑)。

けれど、そのアドバイスが的確且つ斬新なものだったりするので、すんなり呑み込めて次に繋げようと、ますますやる気に満ち溢れたりしていました。

初めてそうさく畑に出た時からそんな助言や評価をして下さっていたので、よりこのイベントへの思い入れが強くなってきたのだと思います。

 

近年は、見本誌の提出総数が少なめの影響か分かりませんが、出したものには必ず本のタイトルを入れて一つ一つに評価をされていたのですが(もっともうちの本は今年の春から出せていませんがcoldsweats01)、以前はもう少し提出数が多かったようで(あくまでカタログからの推測です)、自分のサークル名を見つけるたびに、書いていて良かったと心底思ったり、多分、自分以外にも昔からサークル参加されて、見本誌を提出している人たちはいっぱいいるでしょうし、多くの方が今回の勇退を残念に思っているのではないでしょうか。

 

まだまだ書きたいことがありますが、散漫になりそうなので、止めておきます。

武田様、今まで本当にありがとうございました。そして、長いことお疲れ様でした!

 

(今日のタイトル・・・分かる人にだけ分かればいいcatface

« お詫び | トップページ | ゆる~く告知 »

ご挨拶」カテゴリの記事

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31