頑固な祖父と、中学生なのに幼稚な孫を中心に、取り巻く面々のホームドラマ風物語。
昔書いた『生徒会長』という作品のオマージュ的要素も入っています。

書き始めたのは『蜘蛛荘蟻号室』から大して経っていないのに、書き上げたという意味では、とにかく久し振りの新作になります(要は時間かかりすぎ)。
そのため、説明は少しずつ足していく予定です。

(新書判・112ページ・500円)